自由に生きたい腰痛親父

もう中学生じゃなく、もう50代。自由に生きたい。趣味の風景写真は残してく。副業、起業と色々模索中(笑)

お弁当作り...あと少しで一旦終了

唐突ですがお弁当。

 

 

我が家は長女からお弁当作りは父親の仕事に。

長女が高校生の頃からなので丸4年。

毎朝作り続けたお弁当。

来春の長男卒業を以て一旦終了。

次女が高校生になる頃には給食制になってくれないかな?

 

 

長女の時は地元の高校に通ってくれたのでそんな早くに起きる必要はなかった。

けど長男が選んだ学校は朝6:50発の汽車に乗らなくてはならない。

駅までの時間を考慮すれば6:35までには家を出る。

長男も早起きが必要だけれども弁当係は更に早起きが必要。

けど、そんな生活ももうすぐ終わる。

5:15起床生活がもうすぐ終わる。

感慨深いなぁ。

 

 

そういや長女、長男ともにおかずのリクエストがほとんど変わらないなぁ。

必須、定番となるのが『卵焼き(塩っぱめ)』『ウィンナー』『ブロッコリー』。

おかずの隙間を埋めるのはお弁当用の冷凍食品たち。

長女、長男で決定的に好みが違ったのはふりかけ類。

長女は『味付けのり』『ゆかり』『塩こんぶ長』『のりたま』何でもござれだったけど長男は『のりたま』一択(笑)

のりたまを買い忘れた時の長男の不機嫌ヅラといったら...けど、これも良い思い出。

 

 

長男が実質学校に通うのもあと3ヶ月。

父ちゃんも腰痛だ睡眠障害だと色々あるけど頑張らねば。

 

 

と、代休な本日に次女を近所まで見送って帰ってみると。

テーブルに見たことあるバッグが。

うん。

長男のランチバッグだね。

 

 

あのヤロ〜。

悔しいので自分で作った弁当を食ってやる(笑)

 

 

長男が弁当忘れてくなんて初めてだ( ̄▽ ̄;)

 

 

 

退職を考える...体調面の不調

慢性的な腰痛持ちだけど。
先週あたりから腰痛が悪化。
仕事との兼ね合いが...
退職を切り出そうとしてる日付も随分と先のことだしなぁ。
どうしたものか。

 

 

現在の就業状況は事務作業が基本で現場は時々。
かといって事務作業が得意なわけでもない ^^;
ただ現場作業がスムーズに行えるよう粛々と事務作業を行う日々。
で、時折りヘルプで現場のサポートにまわる。

 

 

腰を負傷するまでは完全に現場仕事の作業員だった。
ある日の胸椎圧迫骨折の労災事故から、芋ずる式に椎間板ヘルニアを患い現在にいたる...

 

 

ホント雇われて就業するには体調・精神面がともに思わしくない_| ̄|○
慢性腰痛と睡眠障害にメンタル疲労

 

 

睡眠障害とメンタル疲労は...慣れたかな?
いや、不調に対する『いなし方』を覚えたという表現が正しいか(笑)
要するに『さぼり方』・『手の抜き方』だ。
職場の状況、社内的ポジションからして結構手抜きはできる。
良くないことなんだろうけど、しょうがない。
いま会社の一歯車である私が退職したらどうなんだろう?
まあ、代わりの歯車はあるんだろうな。

 

 

さて。
あらためて病院で診察してもらった方が良さそうだなぁ。
現在の状態は長時間の座位と歩行がとにかく苦痛。
痛み方によっては横になりたいけど事務所内じゃ無理。
数日前には現場の軽作業を行ったけど...
かなりキツイなぁ...

 

 

で、どうする?

 

 

上司は「体調が一番。休んでも良いから治療に専念しろ」と言う。
同僚は「ふーん、しょうがないやん」と(笑)
業者時代を含めて20年この会社の社風をみてきた。
休んだところで治療になんか専念できないだろうな。
悪気は無いんだろうけどメールだ電話だと休んでる事へのプレッシャーを与えてくる。
そんな風景を何回も目撃してきたし...

 

 

ただ、休む休まないは一旦置いといて。
今回の腰痛はきちんと診察してもらった方が良さそうだな。
自身の状態は知っておかないと、副業にも影響がでてきてるしなぁ...

 

 

 

退職を考える...楽天ROOMを始めて

売上の解析しようにも...実績が ^^;

楽天ROOMを始めて1ヶ月強。

10月、11月ともに数百円(未確定)の売り上げあった様子。

TwitterInstagramなどROOMへの誘導を試みる。

『いいね』やフォロワー数の増加だけで判断すると。

やはりInstagramのストーリーズがROOMへの誘導率は高いのかな?と思ってたところで、最近はTwitterからも良い反応もある。

ただTwitterに不慣れなので勝手が分からない T^T

 

 

で、話題を転換。

おそらくだけど。

ROOMやってる人は他人のROOMの商品は見てないよね。

『いいね』をポチる作業でROOMに来てくれてるように思う。

ただ掲載してる商品に『いいね』が多く付くので大変ありがたいです🙏

 

 

で、結局はいかに商品購入を検討してる人に自分のROOM経由で楽天市場で買い物してもらうかだもんなぁ。

と、なるとROOMの売り上げを伸ばすポイントはやはり他SNSからの誘導率にかかってるね。

SNSの#なんかで誘導されてROOMに辿り着くって事はその商品を探してる人だろうし。

購入しないまでもザッとでもROOM内を見てもらい、あわよくば楽天市場に飛んでもらえる訳だ。

 

 

そう、ROOMやってる人の目的は『売る』事が目的であって『買う』事じゃないもんね。

 

 

あと自分はROOMのランクを維持するために#オリジナル写真てのに気を配ってたけど。

どうなんだろう?

成果報酬に対しての1〜3%のオマケにしては手間がかかるな。

Sランクの人が高価格商品を1点でも売れば、3%も大きなものになるけど。

売れやすい安価商品を多売した方が例えCランクでも売上が大きなものになったりしないかな?

うーん、でも3%てのは小さいようで大きいか...

 

 

さて。

副業トライ&エラーで臨んでる楽天ROOM。

当初考えてた第一段階の天井は何となく見えてきたかな。

楽天ROOMへのトライ、そろそろ第二段階に移りましょう。

ちなみにトライする段階は。

第一段階・・・仕組みを知る

第二段階・・・モデルを作る

最終段階・・・成功モデルを型にはめ込む

 

 

(追記)

amazonアソシエイトも調べ始めた。

初期登録の安易さで始めた楽天ROOMよりも良いかも(笑)

 

 

 

退職を考える...タイミングと出来そうな仕事

今の仕事を辞めたい。

辞める決心がついた。

さあ、どうする?

いつ辞めますか?

 

 

失業保険という社会保障もあるけども。

先が見えてない。

勢いに任せて退職届を出すのも危険だ。

ある程度の貯蓄増を目論みたい。

『退職金』も僅かながらにあるハズだけれども。

『貯蓄という保険』のための『保険』に取っておきたい。

 

 

ボーナスとベア。

切り詰める事が可能な生活費の洗い出し。

半年分の月収担保=現貯蓄+X

 

 

こういうネチネチとした一人作業は大好きなので朝からPCと睨めっこ(笑)

 

 

今の会社のボーナス支給は6月と12月。

流石にボーナス月に退職するのは気がひけるし。

ボーナス支給前に辞める事もないだろう。

ただ、締め日は前月の5月15日か...

あれ?確か支給日までは在職する必要があるんかな?

まあ、そんなこんなでベストは8月退職かなと。

引き継ぎとか有給休暇消化とかあるし。

 

 

で、退職後の展開だよなぁ。

何が出来るの?

同業種の仕事(求人)ないねぇ ( ̄▽ ̄;)

 

 

ここで珍しく長男が登場。

「父ちゃんて◯◯(次女)や俺の動画を面白おかしく編集するのにそれって仕事にならんの?」ときた(笑)

うーん。

動画編集ねぇ。

今の仕事に若干カスってんのよねぇ ^^;

Adobeのpremium Proも少し触った事あるし。

けどなぁ、趣味は趣味のままで置いときたい気持ちもあるし、なんと言ってもクリエイター業界はキツいかも(笑)

あの業界は『若さ故』ってところも大きいしなぁ。

 

 

ただ、YouTubeなんか視てて思うのが事細かに『こう編集して欲しい』と指示されれば出来そうだなと。

けれども、お任せ発注で編集センス(※全体的構成を担う=発注元の意図を最大限汲み取り、要所で視る側にインパクトを与える)を求められると結構キツいかな...ホントに編集センスは『若さ故』に左右されるんで。

 

 

でも、確実に出来そうなのは動画編集なのかなぁ...

 

 

そうそう、動画編集できても受注は?

ランサーズとかから探すしかないんかなぁ。

あー、けど結局は『納期』ってヤツに縛られる訳だ ^^;

更にだ。

より良い条件で受注しようとしたら営業センスも必要だぞ。

 

 

と、ここまで書き上げたブログを俯瞰する。

 

 

ただのわがまま親父の戯言だな ^^;

 

 

退職を決断した以上は家族への責任を果たさないと。

あれ嫌、これ嫌なんて言うてる場合やないし。

妻と引き続き今後についてのミーティングを重ねよう。

 

 

 

退職を考える...睡眠障害その他に妻とのミーティング

睡眠導入剤の服用を始めて何ヶ月だろう?

現状は薬がなければ生きていけない ( ̄▽ ̄;)

ただ『寝入りが良い』ってのはホントありがたい。

例え2時間程度でも寝入りで睡眠が取れるのは助かる(笑)

 

 

平素の就業についても支障は明らかに減った。

私の睡眠障害の元は相変わらず断ち切れてはいないけど...

 

 

今回のギックリ腰では10日間(会社は6営業日期間)の休みを取った。

休んでる期間には妻ともジックリ話すことができた。

そして結論が出て『退職』は既定路線となった。

 

 

ただ夫婦での『退職する条件』に意見の相違がある。

妻は...

『今の職場を離れれば睡眠障害も治るだろう』

『例え給料が下がっても転職だ』と。

私は...

『まずは慢性的腰痛の治療を優先したい』

『見通しは立っていないが個人で仕事をしてみたい』

『個人で仕事するため、模索する時間が欲しい』と。

 

 

腰痛治療については賛成してもらえたけど、その他の申入れは却下 ^^;

まあ、真っ当ですな(笑)

 

 

妻の意見は以前からブレず『無収入期間は無いようにしてほしい』と。

 

 

で、我が家の枷となってる抑えられるであろう支出についても話し合う。

メンタルクリニックの費用は診察と薬で5,000円弱/月。日によっては「Red Bull」やら「眠眠打破」などに頼り。睡眠不足からくる体力的不調はサプリメント等で補ってるのでトータル10,000円/月ほどを支出している。

もう1点が『タバコ』。仕事上のストレス過多から禁煙に失敗し最近では確実に1箱/日を消費するようになり、タバコ代で13,000円/月を支出...

慢性的腰痛についても診察代、リハビリ施設利用と薬(痛み止め)で7,000円強/月の支出。

 

腰痛完治の見通しは立ってないけど総計30,000円/月は退職する事により支出が減るのでは?という夫婦で同じ見解。

 

 

結論。

就学中児童のいる我が家では『まだアンタの好きにさせる訳にはいかない』とキツいお達しを頂戴した T^T

但し、腰痛治療には『退職した時から半年の猶予を与える』、そして『半年後には再就職できるよう関連事業者や関係者と話をつけておくように』と...

 

ハードル高いなぁ。

でも我が家の出納係としては当たり前の提案かな?

 

 

ここには列挙してないけど、先日とある1件で今の会社に留まるメリットは確実に消滅した。

 

 

さあ退職の準備を始めよう。

そしてわずかな灯火の副業も頑張ろう...